蜂の退治方法|蜂の巣の大きさと蜂の種類で判断

作業員

駆除業者の必要性

駆除

最近は海外から来た外来種の蜂も増えていて、人間の住宅の軒下に蜂の巣を作るケースが増えています。そのため、年間に約30名前後が蜂に刺されてしまいアナフィラキシーショックで亡くなっている方がいるので自分で駆除することは非常に危険です。比較的危険性の少ないミツバチでも大きな蜂の巣を作っている場合は、自分で退治せずに専門の業者に駆除してもらいましょう。

業者に駆除してもらう場合は、蜂の種類によって費用が変わってきます。蜂は猛毒を持っている種類もいます。特に注意が必要なのはスズメバチで、毒の強さは蜂の中でもずば抜けていて、刺されて亡くなっている方のほとんどがスズメバチの被害に遭っています。ですから、スズメバチが蜂の巣を自宅に作っているときは、早急に駆除や退治が必要になるのですぐに専門の業者に来てもらいましょう。現在はスズメバチを全国一律13,000円から退治してくれる業者もいるので一度相談するとよいかもしれません。

スズメバチよりも攻撃的ではないミツバチの場合でも、専門の業者に連絡したほうが懸命です。蜂の巣の中にミツバチは多くて1万匹以上もいる場合もあるので、むやみに刺激をすると危険です。ミツバチを駆除する場合は、スズメバチよりも費用が安くて全国一律8,000円から駆除することができます。専門の業者は蜂の種類にかかわらずに、1匹からでも退治しに自宅まできてくれますし、駆除作業を行なうときは住民を安全な場所まで避難させてから行なうので攻撃的になっている蜂の被害に遭うことを防ぎます。

防護服を準備する

散布機

自宅に蜂の巣がある場合は、そのまま放置せずに駆除することで家族が安全に生活することが出来ます。蜂を退治する業者に依頼するのが一般的ですが、巣が小さくて危険性の低い蜂の場合は、自分で駆除することもできます。

読んでみよう

24時間365日対応

bee

ホームセンターで販売されている蜂退治用のスプレーは、蜂の巣ができそうな場所に噴射しておく対策は有効ですが、できてしまった蜂の巣には噴射しないでください。その代わりに、迅速に退治してくれる専門の業者に連絡しましょう。

読んでみよう

実績ある業者に連絡

女性

日本全国には多くの蜂の駆除業者がいるため、自宅に大きな蜂の巣を発見したときは実績のある業者に依頼しましょう。まずはホームページで業者のこれまでの実績を確認できますし、蜂退治の費用の相場も把握できます。

読んでみよう