蜂の退治方法|蜂の巣の大きさと蜂の種類で判断

作業員

防護服を準備する

散布機

自宅に出来てしまった蜂の巣はそのままにしていてはいけません。蜂は巣に近づいてくる生物を敵として認識する習慣があるので、生活スペースに巣があると刺されてしまう危険性もあります。それに、蜂を退治しないで放置しておくことで、蜂の巣は次第に大きくなっていくことでしょう。ですから、住宅に蜂の巣を発見した場合は早急に駆除することをおすすめします。

蜂の巣がまだ10センチ未満と小さく、比較的危険度の低い蜂の場合は自分で退治することもできます。しかし、それでも蜂は毒を持っているのでしっかりと対策をしなくてはいけません。蜂に刺されてしまうとアナフィラキシーショックでなくなっている方が毎年数名いるので、蜂に刺されないように防護服を準備しましょう。蜂退治用の防護服があると安心ですが、購入する場合は数万円以上するのでコストがかかってしまいます。そのため、防護服がない方は、購入するのではなくてレンタルすると良いでしょう。住んでいる地域によっては役所で防護服をレンタルすることができるので、安全に蜂の巣を駆除することができます。

防護服をレンタルすることができなかった場合でも、蜂を退治することは可能です。防護服の代わりに白色の服を準備しましょう。黒い服を着用すると、蜂を刺激してしまい襲われるリスクが高くなるので着用してはいけません。さらに肌の露出をしない工夫も大事です。肌を露出していると、蜂の巣から飛び出して退治できなかった蜂に刺されてしまいます。袖口や襟なども蜂が侵入出来ないように対策をしましょう。蜂に刺されない対策をして退治してください。